2010年12月14日

石原東京都知事の同性愛者差別発言

石原都知事、同性愛者を見下した発言にLGBTコミュニティから反感
2010年12月9日 ゲイジャパンニュース

東京都の石原慎太郎知事は7日、同性愛者について「どこかやっぱり足りない感じがする。遺伝とかのせいでしょう。マイノリティーで気の毒ですよ」と発言した。毎日新聞社が伝えた。(記事リンク

石原知事は3日にPTA団体から性的な漫画の規制強化を陳情された際、「テレビなんかでも同性愛者の連中が出てきて平気でやるでしょ。日本は野放図になり過ぎている」と述べており、その真意を確認する記者の質問に答えた。

7日の石原知事は、過去に米・サンフランシスコを視察した際の記憶として、「ゲイのパレードを見ましたけど、見てて本当に気の毒だと思った。男のペア、女のペアあるけど、どこかやっぱり足りない感じがする」と話した。同性愛者のテレビ出演に関しては、「それをことさら売り物にし、ショーアップして、テレビのどうのこうのにするってのは、外国じゃ例がないね」と改めて言及した。

石原知事のこれらの発言に対してLGBTコミュニティからは、「同性愛だろうが異性愛だろうが、個人にはそれぞれの価値観があって、人の価値観や考えが他人に迷惑をかけていない限り口出ししてはいけない。都知事の立場で私情を公の場に出すべきではない」と声が上がっている。また、愛媛県のゲイ活動家のブログ『ゲイリーマンのカミングアウト的思考』には、石原都知事の発言について100以上のコメントが寄せられている。(編集:ゲイジャパンニューススタッフ)

石原都知事:同性愛者「気の毒」
2010年12月8日 毎日jp

東京都の石原慎太郎知事は7日、同性愛者について「どこかやっぱり足りない感じがする。遺伝とかのせいでしょう。マイノリティーで気の毒ですよ」と発言した。

 石原知事は3日にPTA団体から性的な漫画の規制強化を陳情された際、「テレビなんかでも同性愛者の連中が出てきて平気でやるでしょ。日本は野放図になり過ぎている」と述べており、その真意を確認する記者の質問に答えた。

 7日の石原知事は、過去に米・サンフランシスコを視察した際の記憶として、「ゲイのパレードを見ましたけど、見てて本当に気の毒だと思った。男のペア、女のペアあるけど、どこかやっぱり足りない感じがする」と話した。

 同性愛者のテレビ出演に関しては、「それをことさら売り物にし、ショーアップして、テレビのどうのこうのにするってのは、外国じゃ例がないね」と改めて言及した。【真野森作】
posted by てつ at 13:09| 富山 ☔ | TrackBack(0) | LGニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。