2010年05月18日

2010.5.16〜5.23 セクシュアルマイノリティを正しく理解する週間

セクシュアルマイノリティを正しく理解する週間

公式サイト:
LGBT-week
http://www.lgbt-week.jp/

期間:2010.5.16(日)〜5.23(日)

○5月17日について

LGBT-weekさんより

 かつて医療界において同性愛は異常な性欲、性的倒錯といった考え方がされた時代がありましたが、1990年5月17日にWHOが「精神疾患リスト」から同性愛が削除されました。この日には、世界50以上の国や地域でセクシュアルマイノリティに対する偏見・差別に反対するアクションが実施されています。
 この日を含む1週間を「セクシュアルマイノリティを正しく理解する週間」と定めました。


○公式イベント

セクシュアルマイノリティホットライン
期間:5/17(月)〜5/19(水)18:00〜22:00

TEL:0120-952323(携帯・PHS可)

小学生から大人まで、セクシュアルマイノリティの事なら何でも話せる
ホットラインを開設します。「同性の人を好きになり悩んでいる」
 「自分の性に違和感を感じている」「クラスでカミングアウトしたけど先生が理解してくれない」「ウチの子が性同一性障がいかもしれない」「TVで差別的な番組を放送していた」「思春期の同性愛者向けのサポートグループを知りたい」「セクシュアルマイノリティについてわからないことがある」などのお電話に対して、専門のスタッフが対応します。
 悩み、疑問、相談、報告など、ぜひみなさんのお声をお寄せください。
集まった声は集計後、関係省庁、メディアなどに報告されます。


記念シンポジウム
日時:5/21(金)19:00〜20:30(18:30開場)入場無料
場所:明治学院大学白金校舎3号館3202教室
東京都港区白金台1-2-37(白金台駅・白金高輪駅・高輪台駅各徒歩7分)

法務省の人権啓発課題に性的指向・性同一性障害が加えられ、8年が経過しました。近年、当事者団体の数も増え、NHK教育テレビ『ハートをつなごう』では性同一性障がいや同性愛をテーマにした番組が制作されるなど、正確な情報発信も進んでいます。また、企業のCSR(企業の社会的責任)の観点からも環境問題の次はダイバーシティー(多様性/性の多様性)とも言われています。行政、企業、メディア、NPO・NGOが、今後どのようにセクシュアリマイノリティに関わっていくのか、またその人権擁護、当事者サポートをどう展開してくべきなのか──
 第一線で活躍するみなさんをお招きしてシンポジウムを開催いたします。
----------------------------------------------------------------
▼パネリスト
福島みずほ(内閣府特命担当大臣/男女共同参画・青少年育成・自殺対策担当)
針間克己(はりまメンタルクリニック院長/精神科医)
宮田興(NHK教育テレビ「ハートをつなごう」「ETV特集」プロデューサー)
野宮亜紀(和光大学非常勤講師)
東田真樹(コチ株式会社代表取締役社長)
▼コーディネーター
砂川秀樹(文化人類学者)
posted by てつ at 14:02| 富山 | TrackBack(0) | LGBT全般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150284561
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。