2006年09月10日

都城市男女共同参画社会づくり条例改悪

転載します。
賛同メールのご協力をお願いします。

--
大阪府議会議員尾辻かな子さんのブログより
(尾辻さんはレズビアンとしてカミングアウトされて
います)
http://blog.so-net.ne.jp/otsuji/
http://blog.so-net.ne.jp/otsuji/archive/20060904

都城市の男女共同参画社会づくり条例は、2004年4月に
施行されました。

第2条(定義) この条例において、次の各号に掲げる
用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
(1) 男女共同参画社会 性別又は性的指向(以下「性別
等」という。)にかかわらずすべての人(以下「すべて
の人」という。)の人権が尊重され、社会の対等な構成
員として、自らの意思によって社会のあらゆる分野に
おける活動に参画する機会が確保され、もって均等に
政治的、経済的、社会的及び文化的利益を享受すること
ができ、かつ、共に責任を担うべき社会をいう。

(6) 性的指向 性的意識の対象が異性、同性又は両性の
いずれに向かうのかを示す概念をいう。

となり、「性的指向」という言葉が入った画期的な
条例でした。(議会では1票差で可決)

しかし、都城市はその後、合併し、市長も交代しました。
そこでこの条例が見直しとなったのです。

2月〜3月にパブリックコメントを募り、それを受けて、
修正箇所が発表されました。
http://www.city.miyakonojo.miyazaki.jp/pabukome/
shiminseikatu/seikatubunka/danjosyuseiitiran.jsp

修正箇所(抜粋)
☆男女共同参画社会の定義から「性別又は性的指向に
かかわらず」という表現を削除しました。
☆性的指向の定義を削除しました。

その理由は、
★憲法第13条及び14条においてすべての国民の
個人としての尊重及び法の下の平等が明記されている
ところであり、「すべての人」という表現で包括できる
ためです。
だからだそうです。

パブリックコメントについた意見は、非常に差別的な
ものです。
☆「性的指向にかかわらず」という表現は必要ないの
ではないか。主語は「男女」でいいのではないか。
☆性的少数者の人権を条例で認める必要はないのでは
ないか。
第14条(性別等による権利侵害の禁止)
☆この条文があることによって、性的少数者の方が、
教育の場に立つ事も考えられる。一般の市民に受け
入れられるのか。

都城市がこの条例から、わざわざ「性的指向」を抜く
理由があったのでしょうか?あるとすれば、いわゆる
偏見をもった人たちの圧力が強かったということで
しょう。性的指向によって差別してはいけない、機会を
損ねることがあってはいけないという文章が削除される
ということは、重大な問題です。

性的指向による差別は、性愛の対象が同性であるがゆえ
の差別です。これが、性にまつわる問題でなかったら、
何の問題なのか。都城市には、人権条例も人権の基本
計画もありません。つまり、性的指向の問題は、人権
問題としても取り上げていないのです。

「すべての人」の中に同性愛者等も含まれているから、
これは後退ではないという。こんな理由を受け入れな
くてはいけないのか。

9月22日、この条例は採決されます。

議会事務局に、採決の見直しを求める文章を送って、
議員たちに配ってもらう等といった方法を考えたいと
思います。本当に悔しい。


先に書いたブログについて、以下の文章で、都城市議会
議員宛てに抗議及び要請文を送りたいと思います。
是非賛同の声を寄せてください。
賛同メール宛先 otsuji_office@osaka.nifty.jp
締め切りは 9月12日
(15日から委員会が始まるので、それまでに
アクションが必要です)

また、ぜひ個人でも市、市議会宛にメッセージを
送って下さい。たくさんの人の声を直接届けることも
大事です。

長峯誠市長 宛て 
Tel:0986-23-2111 Fax:0986-25-7973
info@city.miyakonojo.miyazaki.jp

都城市議会 議会事務局 宛て
TEL 0986-23-7869 FAX 0986-25-7879
gikai@city.miyakonojo.miyazaki.jp

以下、本文================

都城市議会議員 各位

「都城市男女共同参画社会づくり条例」からの
「性別又は性的指向」削除についての抗議及び要請文

 日ごろのご活躍に心から敬意を表します。
 さて、現在開会中の議会において、新たな「都城市
男女共同参画社会づくり条例」が上程されています。
この条例案では、合併前の都城市にあった「性別又は
性的指向(以下「性別等」という。)にかかわらず
すべての人」という記述がなくなり、「すべての人」
になりました。なぜ、旧条例に明記してあった、「性別
又は性的指向」という言葉を、わざわざ削除しなければ
いけなかったのでしょうか。「性別又は性的指向」に
よって差別を受けている人々が実際に存在している
日本社会の中で、こうした行為は、「性別又は性的
指向」による差別があることを無視し、容認する行為
とも受け止められ、とても静観することはできません。

 また、今回の条例作成にあたっては、審議会の
メンバーの名前も公表せず、市民団体や当事者団体
からのヒアリングもなかったと聞いています。
これでは、市民や当事者の意見を反映した条例と
いうことはできません。

 宮崎県では、2005年1月に「宮崎県人権教育・啓発
基本方針」が策定され、第4章 2 分野別施策の
推進 の中で、「性的少数者に関する問題」という
項目をたて、いまだに差別・偏見があること、性の
多様性を認め合うことが大切であることを、はっきり
と示しています。市町村もこの趣旨を踏まえ、自主的
な取り組みをするように期待する、ということも
書かれています。今回の都城市の条例案は、明らかに
宮崎県の方向性とも矛盾するものです。

 是非、今一度、この条例案をご再考頂き、旧条例
にある「性別又は性的指向」を入れた条例をつくって
頂くよう、強く要請を致します。

とりまとめ世話人 大阪府議会議員 尾辻かな子
賛同人・賛同団体(受付順) ○○○

関連リンク
賛同人を募ります! 
http://blog.so-net.ne.jp/otsuji/2006-09-04-1
賛同人 現時点で約120名です 
http://blog.so-net.ne.jp/otsuji/2006-09-06
国や自治体におけるセクシュアルマイノリティの政策  
http://blog.so-net.ne.jp/otsuji/2006-09-08
都城市の条例について 
http://blog.so-net.ne.jp/otsuji/2006-09-08-1
府中青年の家裁判 都城市関連記事 
http://blog.so-net.ne.jp/otsuji/2006-09-09
タウンミーティング要旨 都城市関連
http://blog.so-net.ne.jp/otsuji/2006-09-09-1
都城市条例新旧対応表一部
http://blog.so-net.ne.jp/otsuji/2006-09-09-2
宮崎日日新聞に掲載
http://blog.so-net.ne.jp/otsuji/2006-09-09-3
憲法14条を知っていますか?都城市 
http://blog.so-net.ne.jp/otsuji/2006-09-09-4
posted by てつ at 12:16| 富山 ☁ | TrackBack(0) | LGBT全般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23538582
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。