2006年10月12日

性同一性障害理由に解雇されたと提訴(大阪)

<性同一性障害>「解雇は無効」福祉男性職員が提訴

 体と心の性が一致しない性同一性障害(GID)を理由に解雇されたとして、社会福祉法人「大阪自彊(じきょう)館」(大阪市西成区)の契約職員だった男性(50)が11日、同法人に解雇無効の確認と慰謝料200万円などを求める訴訟を大阪地裁に起こした。代理人弁護士によると、GIDを巡り解雇無効を求める訴訟は全国的にもほとんど例がないという。
 訴状などによると、男性は03年1月ごろから女性として生活。04年2月に医療機関でGIDと診断された。同年9月に同法人側の面接を受け、GIDであると明かしたうえで、野宿生活者巡回相談員として採用された。
 しかし05年6月、上司が化粧と女子トイレの使用を禁止し、「野宿者からべっ視され、困る」と非難。同僚も「男か女かはっきりさせてほしい」「(野宿者との)面接の場を外してほしい」などと求めるようになった。そして今年3月、別の上司が理由も説明しないまま、半年ごとの契約を更新しないと通告した。
 法人側は、男性が加入した労働組合との団体交渉で「面接件数が少ないから」などと解雇理由を説明。男性側は「当初は明確な説明がなく、解雇理由はGIDしかなく違法だ」と主張している。
 記者会見した男性は「上司や同僚から同じ人間として扱ってもらえなかった。(少数者を)排除すべきでない職場で排除され、行き場のない怒りを感じる」と話した。
 GIDを抱える人の解雇を巡っては、東京地裁が02年6月、女装での出勤を理由に出版社を懲戒解雇された男性の地位保全の仮処分申し立てを認め、解雇を無効とする決定を出した。【中本泰代】
 大阪自彊館の話 訴状が届いていないので、コメントできない。
2006/10/11 毎日新聞
--
<大阪>性同一性障害理由に解雇されたと提訴

性同一性障害を理由に、労働契約を打ち切られたのは違法だとして、大阪府に住む50歳の元・アルバイト相談員の男性が、労働契約の確認と、慰謝料200万円などを求めて、社会福祉法人・大阪自彊館を相手に、裁判を起こしました。

訴えた男性は「当たり前の人間として認められていなかった。同じ人間、仲間として扱ってほしかったのに」と話しています。大阪自彊館は「訴状が届いていないのでコメントできない」としています。
2006/10/11 朝日放送
--
「性同一性障害が理由」と提訴=雇用打ち切りで男性−大阪地裁

性同一性障害を理由に雇用を打ち切られたとして、大阪府の男性(50)が11日、大阪市西成区の社会福祉法人を相手取り、地位確認と慰謝料200万円を求める訴えを大阪地裁に起こした。 
2006/10/11 時事通信

私見>>

人権侵害だし、前の判例でも勝訴しているので、勝訴して
ほしいです。

法律ならば、日本国憲法第11条〜第14条1項が該当し、
特に第14条第1項


すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、
性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は
社会的関係において、差別されない。


この「性別」は大きく「セクシュアリティ」と取って良い
と考えます。


GIDであるという理由だけで解雇されるなら私の場合でも
何らかの方法で戦います。黙っていません。
結果はどうであれ、"動いた"証拠や記録を残すことで、
いまセクマイで苦しむ人々のため、これからの人のために、
戦うのです。
裁判までもっていくには資金がいるので大変なので、
例えば労働基準局に話(報告)に行くとか、法務局に
相談に行くとか、そういうことでもいいのです。
公の機関に記録を残せば半永久です。
小さなことでも立派な活動であり運動です。

また、この方のように、覚悟と勇気をもって、メディアに
言うと、取り上げてくれたらコトが大きくなり、世論に
影響します。
メディア露出については、そもそも性別のこと、名前のこと、
カムアウト、周囲のことをよく考えて出た方がいいでしょう。
遠いところで人と関わったりすることもあるので、用心
してください。

この方は、記事チェックの突っ込みは入れてないの
でしょうか?
私だったら「"女性"って書かないでください」と言うし、
3年前に記者さんに言った覚えがあります。
「彼女」とは絶対書かないで欲しいとも言いました。
その代わりに「(当時)この町民は」「○○さんは」と
いう表記にしてもらいました。
自分を指す言葉については念を押しましたね。。


今のセクマイの人たち(自分も含め)に言いたいのは、
自分らが住みよくなるように、些細なことでも動くと
いいですね。
当事者である自分らがいうとかなり説得力がありますから。
嘆いてばかり泣いてばかりじゃ何も変わりません。
押し付けはしませんけど、自分のことばかり考えてないで、
自分が属している社会に自覚的になることは大事です。
社会が変われば、自分の動き方が変わってくるからです。

長らく語りましたが、勝訴して欲しいです。

posted by てつ at 02:14| 富山 ☁ | TrackBack(0) | LGBT全般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。