2006年11月14日

男性2人が「女性」に性別変更申し立て

性同一性障害:男性2人が「女性」に性別変更申し立て


心と体の性が一致しない性同一性障害(GID)と診断された男性2人が
13日、戸籍上の性別を女性に変更するよう求めて、それぞれ神戸家裁
尼崎支部と奈良家裁に申し立てた。2人はいずれも女性と結婚、子どもを
もうけた後、離婚した。GID特例法(04年7月施行)は、子どもが
いないことを性別変更の条件にしており、2人や支援者は「GIDの
置かれた現状に適しておらず、特例法の改正につなげたい」と訴えて
いる。

 兵庫県尼崎市の会社員、大迫真実(まさみ)さん(51)と奈良県
生駒市の派遣社員、森村さやかさん(46)=いずれも通称。

 特例法は▽20歳以上▽現在、婚姻していない▽子どもがいない−−
などを性別変更の条件にしている。付則には施行3年後の見直し規定が
盛り込まれている。GID学会によると、GIDは国内に数千人から
数万人いるとされ、30代後半から50代の人には子どもがいるケース
も多いという。

 大迫さんは「性のあり方はいろいろ。興味本位ではなく、ありのままの
私を見ていただきたい」と記者会見で公表した理由を語った。森村さんは
「心も体も女性なのに、書類上は男性。家や仕事を探すたびに、説明する
のはしんどい。全国で同じような申し立てが増えて、大きな流れになれば
いいと思う」と話した。【井上大作、高瀬浩平】

毎日新聞 2006年11月13日 18時28分
--
性同一性障害2人が戸籍性別変更申し立て…奈良と兵庫

 心と体の性が一致しない性同一性障害(GID)と診断された奈良県
生駒市の派遣会社員(46)と、兵庫県尼崎市の会社員(51)の男性
2人が13日、戸籍の性別を女性に変更するよう、それぞれ奈良家裁と
神戸家裁尼崎支部に申し立てた。性同一性障害者性別特例法では「子が
いない」ことを性別変更の条件にしているが、2人はともに離婚した妻
との間に子供がおり「法改正のきっかけにしたい」と訴えている。

 派遣会社員は28歳で結婚し、約10年後に離婚。2002年に
GIDと診断され、今年1月、性別適合手術を受けた。ふだんは女性名
を使っており「保険証やパスポートなど公的な書類を出すたびに
(GIDだと)説明をしなければならず、苦痛だ」と述べた。

 会社員は1981年に結婚し、約20年後に離婚、直後にGIDと
された。昨年、性別適合手術を受けており、この日、会見して「公的
書類で男性と知られたりすると、精神的苦痛が大きい」と主張。同席
した性同一性障害学会の大島俊之理事長は「性別変更要件の見直しを
実現したい」と語った。
2006年11月13日 読売新聞
--
「子がいても性別変更を」 兵庫と奈良の男性が申し立て

心と体の性が一致しない性同一性障害(GID)の男性2人が13日、
戸籍上の性の変更を神戸家裁尼崎支部と奈良家裁にそれぞれ申し立てた。
2人はかつて結婚をしており、子どもがいるが、「性同一性障害特例法」
は、子どもがいる場合の性別変更を認めていない。2人は会見などで、
「子どもがいるという理由で性別変更が認められないのはおかしい。
日常生活に支障があり、同法施行3年後の見直しを前に、議論を深め
たいと思った」などと話した。

 申し立てをしたのは、兵庫県尼崎市の会社員、大迫真実さん(51)
と、奈良県生駒市のパート従業員、森村さやかさん(46)=いずれも
通称。2人はGID治療の一環として性転換手術を受けている。

 04年に施行された同法は、戸籍上の性別変更に(1)20歳以上
(2)独身(3)子がいない(4)生殖機能がない(5)性別変更後に
あわせた性器の外観がある――の5条件を定めている。

 大島俊之・神戸学院大法科大学院教授(民法)は「子どもがいないこと
を、性別変更の条件に挙げる国は、日本以外に聞かない。必要のない条件
によって苦しむ人がいる現状を、国は理解する必要がある」と話す。

 大迫さんは81年に結婚。8年後に娘が生まれた。3年前に離婚した
が、娘とは今でも月に数回会う。長い髪の父親を、娘は今も「お父さん」
と呼び、洋服の話をよくする。大迫さんは「外見上の変化も含め、娘
なりに時間をかけて理解してくれたのだと思う。法が想定する子どもの
動揺はない」と話す。

 森村さんは89年に「結婚で男の感情を持てるようになるのでは」と
結婚したが、男を演じ続けられない、と離婚した。外見は女性なのに
あらゆる書類が男性になっているため、例えば病院窓口で健康保険証
を見た職員から「ご主人の保険証か」と言われるなど、日常生活で
苦痛を感じているという。
2006年11月13日23時14分 朝日新聞
--


私見>>
戸籍の性別変更できるような判決が出ればいいと当事者としては思います。

…私たちの世代なら、世間の圧力に負けて「結婚」という選択は選ばない
のだけど、40代以降の特にMTFさんは結婚して子どもがいて、という
ケースが多くて。
「ヘテロ女性とセックスできるんだ」という素朴な疑問があって「う〜ん」
です。レズビアンだと言えるのだろうけど、やってることはヘテロ男女の
セックスと一緒で。
Y染色体の成せることなんでしょうか。

posted by てつ at 12:47| 富山 ☁ | TrackBack(0) | LGBT全般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27450113
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。