2007年01月07日

1月のイベント

gid.jpさんより

--
ガイドライン制定10周年記念

性同一性障害の過去・現在・未来


講演 埼玉医科大学学長 山内俊雄さん

主催 性同一性障害をかかえる人々が、普通にくらせる社会をめざす会


本年は、日本精神神経学会より「性同一性障害に関する答申と提言
(いわゆるガイドライン)」が発表されてからちょうど10年になります。

山内先生は、1996年埼玉医科大学倫理委員長として、性転換症の手術
療法の倫理性を審議し、「埼医科大学倫理委員会答申」を発表。
引き続いて翌年に、日本精神神経学会「性同一性障害に関する特別
委員会」 委員長としてこの答申をまとめられました。
これにより、いわば「公式に」に日本における性同一性障害治療が
開始され、社会に認知され始めた画期的出来事と言えるでしょう。

この制定10周年を記念して、現在埼玉医科大学学長であり、日本精神
神経学会前理事長でいらっしゃる山内先生をお招きして、ガイドライン
制定時の苦労話や、埼玉医科大学で行われている治療の実情、またこれ
からの治療のあり方や未来像など、性同一性障害をめぐる様々なお話しを
お伺いしたいと思います。

性別違和を抱えて悩んでいらっしゃる方、現在治療中の方だけでなく、
全ての当事者の方、そのご家族、教育関係者など多くの方に必見の
内容です。

山内俊雄さん プロフィール

昭和12年1月19日生まれ
北海道大学大学院(医学研究科)終了、医学博士
埼玉医科大学 学長
日本精神神経学会 監事(前理事長)
gid.jp 顧問

<主な著書>
「性の境界」 (岩波書店、2000年)
「性同一性障害の基礎と臨床」 (新興医学出版)など多数

-------------------------------------------------------------------

月日 1月13日(土)
時間 14時00分〜17時00分 (開場 13時30分)
場所 南部労政会館 第5会議室

JR山手線 大崎駅下車徒歩3分
東京都品川区大崎1-11-1
ゲートシティ大崎 ウェストタワー2F
Tel.03-3495-4915 (場所の問い合わせのみ可)
URL: http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/sosiki/roseikaikan/nanbu.html

定員 80名 ※ ご予約は不要です。 席は先着順となります。

参加費 gid.jp 会員 500円
一般 1,000円

-------------------------------------------------------------------

内容

<1部 講演 山内俊雄さんによる記念講演>
<2部 シンポジウム>
山内先生を中心に、会場との質疑応答を交えながら、みなさんの疑問に
お答えし、理解を深めていきます。

※ フォーラム終了後、同会場でgid.jp会員総会が行われます。
また、総会終了後懇親会も開催されます。
会員の方は、ぜひご参加ください。


質問
募集 山内先生にお聞きしたい内容、シンポで議論してほしい項目、
提言などを募集いたします。
質問内容とお名前(通称可)をお書きになり、問い合わせ先まで
メールまたはFAXをお送りください。

問合せ forum2007●gid.jp

-------------------------------------------------------------------

※ 本フォーラムは一般公開です。
一般市民の方、性同一性障害当事者の方は、各自プライバシー保護に
ご注意ください。

※ 会場においては、係員の指示に従ってください。
※ 他の参加者に迷惑や不快となる言動を行われた場合、
退場していただく場合がございます。

--
ESTOさんより

第21回親子交流会@東京

2007年1月20日(土) 14:00〜17:00(集合13:30)
参加費:ESTO会員 500円 非会員 1,000円
会場:世田谷区内(参加者にお知らせします)
申込み〆切 1月17日(水)24:00まで

テーマ:「普通」に生きること
お話:桑原猛(くわばらたける)さん
(ESTO正会員・子を持つトランスの会『クローバー』代表代行)

2007年最初の親子交流会は、新スタッフの桑原猛さんにお話いただきます。
桑原さんは、『性同一性障害30人のカミングアウト』に金髪のドラマーと
して執筆参加、フジテレビで放送された『NONFIX本当の性で生きたい
〜語り始めた性同一性障害者の人々〜』などに出演されました。
現在は農業とPTA会長、ボランティア活動などをしながら、4人の子ども
の親として地元に密着した生活を送られています。
桑原さんには、性同一性障害などの性別違和感を持っていても、何も特別
なことはなくごく普通に地域で暮らせること、一人の人間として幸せな
毎日を過ごせるようになるまでどのように人間関係を築いてきたのかなど
をお話いただきたいと思います。

司会&保護者担当:真木柾鷹(ESTO代表)
テーマ&ユース担当:桑原猛(スタッフ)
サポート&ユース担当:石田仁(サポーター)

<スケジュール>
14:00〜14:30 自己紹介・アイスブレーク
14:30〜15:30 テーマのお話
15:30〜15:45 休憩
15:45〜16:15 ユース・保護者別交流会
16:15〜16:30 全員での振り返り
16:30〜17:00 後片付け・解散
17:30〜    食事会

◆親子交流会とは?
性同一性障害などの性別違和感を持つ24才までのユースと保護者の
ための交流会です。
同じ悩みを抱える友達が欲しい、両親や兄弟などの家族、友人に
理解して欲しい、また同じような子どもを持った親御さんと話が
してみたいと思う皆様のために開かれています。
ご家族でのご参加、お子さん、保護者の方、それぞれお一人での
ご参加、友人と一緒のご参加を歓迎します。
また、子供をサポートする専門家(教育・医療・ボランティア等)
のご参加もお待ちしています。
申し訳ありませんが、専門家の方には「ユース・保護者別交流会」
にはご参加いただけませんので予めご了承ください。
なお、25才以上で専門家以外の成人当事者の参加はご遠慮ください。

お手数ですが、参加ユースで24才を過ぎた方はお知らせください。
4月開催の「LIFE&LIVE講座」のご案内をお送りいたします。

<申込み方法>
下記の項目を明記の上、
esto_oyako_tokyo●yahoo.co.jp
に送信してください。

@ESTO会員&過去に参加された方
1)お名前(通称名OK)
2)E-MAIL
3)TEL(緊急時の連絡用)
4)同行者の名前と人数(可能なら携帯、E-MAILも)
*携帯、E-MAILの変更は必ずお知らせ下さいね!

A新規参加者
1)お名前(通称名OK)
2)E-MAIL
3)TEL(会場を電話でお知らせします)
4)セクシュアリティや参加理由
5)年齢(ユースのみ申告)
6)同行者の名前と人数(可能なら携帯、E-MAILも)

◆お申込&お問合せはこちらまで
親子交流会@東京専用アドレス
esto_oyako_tokyo●yahoo.co.jp
親子交流会サイト http://hp.kutikomi.net/esto-oyako/
--

posted by てつ at 00:10| 富山 ☁ | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30967508
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。