2007年08月28日

イラン人レズビアンのペガーさんが強制送還の危機【署名求む】

イラン人レズビアンが死刑の危機!
日本人支援者が英国大使館・外務省に請願提出

 同性愛者であることから死刑が予想され、母国イランを離れ
イギリスに亡命している女性の難民申請が、イギリス入国管理局
に棄却された。

 彼女はここ数日の間(当初の予定では8月28日)に、イラン
へ強制送還される可能性が高い。命の危機に直面しているのは、
イラン人でレズビアンのペガー・エマンバクシュさん(40)。
イランでは同性愛は違法とされ、死刑に処されることがある。
現在、彼女はイギリス入国管理局の収容所にいる。

 イスラム刑法では「レズビアン同士の性交への罰則はむち打ち
100回。3回以上繰り返された場合は死刑」
(英国内務省,、イランに関するガイダンス資料 2007年)
とされている。

 2005年には10代のゲイ男性2人が絞首刑に処された。
亡命イラン人同性愛者の人権団体「ホーマン」 は、イラン政府が
1979年以降、少なくとも4000人の同性愛者を処刑してき
たと非難しているという。

 ペガーさんのパートナーだった女性はすでに逮捕され、拷問を
受け、石打ちによる死刑に処せられたそうだ。ペガーさんは、
2005年にイランを脱出し、英国で難民申請を行った。レズ
ビアンを公言しているペガーさんが今イランに戻れば、拷問と
死刑が待ち受けていることが容易に予想される。

 しかし、イギリス入国管理局はイランでの厳しい現状を認識
した上で、「レズビアンであることが証明できない」として、
彼女が危険にさらされているとは信じないというスタンスを取っ
ているという。死刑が予想される強制送還はもちろんだが、
証明することが不可能な性的指向を理由に挙げること自体が、
人権侵害にあたるともいえる。

支援者が駐日英国大使館・外務省に対し請願書を提出

 8月25日に緊急開設されたブログ、「ペガーさん強制送還
反対」の管理人である都内在住のレズビアン、広瀬麻弥さんと、
レズビアンであることを公表している元・大阪府議の尾辻かな子
さんが、今日27日午後、駐日英国大使館と外務省を訪れ、
イギリス大使と麻生太郎外務大臣に宛てて、207名の賛同人
署名とともに強制送還中止を求める請願書を提出した。

 請願書提出が告知されたのが前日夜であり、さらに平日の
昼間であるにも関わらず、ブログを読んだ10名ほどの支援者
がメッセージボードを持って集った。

 広瀬さんは24日にイギリスに住む友人からこの話を聞き、
ペガーさんの支援団体「Friends of Pegah」が署名を募っている
ことを紹介するために、25日にブログを開設した。それをmixi
の日記に書いたことでムーブメントが広がった。

 ブログには現在、1時間に400〜500のアクセスがあると
いう。「レズビアン」「署名」という2つのキーワードでこの件
について書かれたmixiの日記は100件を超えるなど
(27日20時現在)、大きな注目を集めている。

 「どのようなセクシュアリティをもち、どの国に生まれるかを
選ぶことは、誰にもできません。人間はどこに生まれても幸せに
生きる権利を持ち、それを行使できるべきです。これはレズビア
ンだけの問題ではなく、すべての人が共有できる問題だと思
います」(広瀬さん)

 「イギリスとイランの2国間だけの問題ではありません。
世界中が注目している人権問題です。日本政府がこの件について
何らかのアクションを起こせば、それはイギリス政府へのプレッ
シャーとなることでしょう。」(尾辻さん)

 請願書を受け、イギリス大使館はこのアクションを本国へ
報告することを約束し、外務省はこの問題をイギリス政府に
問い合わせ、それによってなんらかの対応をすると述べたという。

 世界各地でもイギリ政府への抗議運動が行われている。

 イタリアではこの問題がメディアでも大きく取り上げられ、
イタリア政府がイギリス政府に強制送還を中止するよう求めると
ともに、法務大臣のマステッラ氏が、イタリアで彼女を難民として
受け入れる考えがあることを示唆した。

 ペガーさんの処遇は、8月28日に入国管理局で再び審議される
ことになった。ただ、これによって強制送還という処遇が決定され
ることもあり、楽観視できる状況ではないという。「ペガーさん
強制送還反対」ブログ」は、今もオンラインでの署名や、イギリス
内務大臣へのFAX・メールでの抗議を呼びかけている

問われる日本政府の対応

 じつは、日本でもこれと同じ問題が起こったことがある。

 2000年7月、日本への亡命を求めたイラン人のゲイ男性に、
法務省は強制送還を言い渡したのだ。2005年に第3国への
亡命が実現し、イランに戻ることは免れたが、強制送還が決定して
から6年に渡って逮捕、収容、裁判という過酷な戦いを強いら
れた。国際人権規約を批准する日本は、また同じ過ちを犯さない
とともに、他国の過ちを指摘していくべきである。

 「日本では性的少数者に対しての差別はない」と言われることが
ある。それは日本では表立ったあからさまな差別が少ないという
だけだし、百歩譲って日本で差別がないとしても、だからそれで
良いということはない。世界中の人々が人権のもとに幸せに暮らす
ことを保障されてこそ、世界の平和は実現するのではないだろうか。

(写真)
レズビアンであるということでイランで死刑される可能性が
あるペガー・エマンバクシュさん
(撮影:提供:Friends of Pegah)

駐日英国大使館前でメッセージボードを持つ支援者たち
(撮影:岡本まーこ)

外務省前で提出する請願書を持つ、呼びかけ人の広瀬麻弥さん
と元・大阪府議の尾辻かな子さん(撮影:岡本まーこ)
2007/8/28 OhmyNews 岡本まーこ記者


イラン人同性愛者を救え 強制送還に反対署名

 あるイラン人女性が同性愛者であることが理由で命の危険に
さらされている。

 ペガー・エマンバクシュさん(40)は2005年、イギリス
で難民申請を却下され、今年8月、同国のシェフィールドで逮捕
された。28日夜にイランへ強制送還されることになっている。

 イランの刑法では、同性愛者の性行為には死刑かむち打ちの
厳罰が言い渡される。IPSJapanの記事によれば、1979年
以来、4000人の同性愛者が処刑されていると、国際レズビ
アン・ゲイ人権委員会とペルシャ同性愛者協会が指摘している。
ペガーさんの場合、パートナーが逮捕、処刑されてからイランを
逃れイギリスに渡った。

関連記事:イラン:異なる性行動は死刑

 ペガーさんの難民申請認定を求めるため、「ペガーさんの強制
送還に反対する会」は27日、在日イギリス大使館と外務省に
対して請願書を提出した。請願書は、強制送還の決定が国際人権
規約、難民条約等に反していると主張し、「(ペガーさんは)
単に国境を越えて強制送還されるのではありません。『死』へと
送られるのです。」などと述べている。

 請願書の提出には、同会よびかけ人の広瀬麻弥さんと
尾辻かな子・前大阪府議会議員がイギリス大使館と外務省へ
赴いた。

 大使館では秘書室が対応。大使が夏休み中であり、提出日が
イギリスの祝日であったため、迅速な対応に不安が残った。
外務省では、欧州局西欧課の課長補佐と首席事務官が応対し、
「まず事実関係の把握をしたい。いまここでは具体的な約束は
できない」という内容の反応だったという。尾辻前議員は、
世界的な人権問題であるとの認識を先方に伝えた。

 要請文に賛同する署名者は28日現在、200人を超える。


関連サイト:
ペガーさん強制送還反対(有志による、28日までの短期ブログ)

(黒井孝明)
2007/8/26 JANJAN

--

以下、転送・転載歓迎だそうです。


【緊急コクチ】

お願いです。3分のお時間をください。

ネット署名(英語)はこちらから、1分あればすぐ出来ます。
http://www.petitiononline.com/pegah/petition-sign.html

 ペガー・エマンバシュクさん、イラン人女性、40歳。
2005年にイランを脱出し、イギリスで難民申請をしたが、
それが認められずにあと数日で故郷のイランに強制送還され
ようとしている。彼女は、レズビアン。レズビアンであると
いうことは、イスラム法の下、イランでは死を意味する。
石打ちの刑に処されることもある。

殺される確率が高いとわかっていて、彼女をこのまま強制送還
させていいのか。国際難民法の述べる難民の定義を引用するが、
「…人種、宗教、国籍もしくは 特定の社会的集団の構成員で
あるということ又は政治的意見を理由に迫害をうけるおそれが
あるという十分に理由のある恐怖を有するために国籍国の外に
いる 者」(難民条約第1条)とは、彼女のことではないのか。

彼女の強制送還は、国による殺人である。これは許しがたい
犯罪であり、人命の冒涜だ。国際社会は黙って見すごして
いけない。
ペガーさんのために一人一人のアクションを求めたい。

【英語サイト】
インディーメディア:
http://www.indymedia.org.uk/en/2007/08/379580.html

シェフィールドのメディア:
http://www.indymedia.org.uk/en/regions/sheffield/2007/08/378415.html

ネット署名(英語):
http://www.petitiononline.com/pegah/petition-sign.html


【日本語訳ブログ】:
http://pega-must-stay.cocolog-nifty.com/blog/

※記事は刻一刻と更新されて、新しい記事が出ていますので、
トップから別の記事も見られます。
posted by てつ at 23:04| 富山 ☁ | TrackBack(0) | LGBT全般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。