2007年09月28日

安藤大将容疑者を銃刀法違反の現行犯で逮捕

男性に性転換した元競艇選手逮捕…銃刀法違反

 奈良県警生駒署は27日、模造刀を所持していたとして、
銃刀法違反の現行犯で同県生駒市の元競艇選手、安藤大将
(ひろまさ)容疑者(44)を逮捕した。安藤容疑者は19
84年に「安藤千夏」で女性選手としてデビュー。2001年に
「性同一性障害」と診断され、手術を受けて翌02年に男性選手
として再デビューし、数々のメディアでも取り上げられた異色
選手だった。

 衝撃的なカミングアウトから5年。「女性選手」から「男性
選手」として再デビューを果たし話題となった競艇選手が、
今度は「容疑者」として注目を集めてしまった。

 調べでは、27日午前零時40分ごろ、奈良県生駒市あすか野
2丁目の路上でパトロール中の生駒署員が停車中の車両内にいた
安藤容疑者に職務質問したところ、同容疑者は「ホンマに警官か」
と返答。すると突然、車を急発進させ、50メートルほど逃走
した。その後の調べで車両内に、長さ約1メートル、幅3センチ
の金属製模造刀が見つかった。

 安藤容疑者は模造刀所持の理由について「東大寺で買って
きた」「実は大阪の知人から、さやを替えてほしいと頼まれた」
などと供述を二転三転。正当性がないことから現行犯逮捕と
なった。

 同市内では2日前の25日に、俵口インター近くの交差点で
日本刀らしきものを振り回す“男”の姿が目撃されていた。
目撃者から通報された下4ケタの車両ナンバーを照合した結果、
安藤容疑者の車両も含まれていたという。

 安藤容疑者は競艇選手時代の01年に「性同一性障害」と診断。
性転換手術を受け、翌02年に旧名の「千夏」から「大将」に
改名し、男性選手として登録することを発表。プロスポーツ界で
は極めて異例のキャリアを持つことで、当時は話題を呼んだ。

 05年に現役引退した後、一時は企業に勤務していたようだが、
現在は絵画販売業を自称。家族とは過去の経緯などから、ほぼ
絶縁状態だった。車内には歯ブラシが残され、生活をしていた
痕跡があったという。

 同署では性転換者であることから、逮捕後に「性」の意思
確認を実施。本人は「男として扱って」と強く希望している。
また、留置の際も従来は2人1組だが、安藤容疑者の場合は1人で
留置されているという。

 ◆安藤 大将(あんどう・ひろまさ)1962年12月6日、
奈良県生まれ。44歳。初出走は84年5月13日に住之江
競艇で。出走回数3646回、優出28回、優勝1回。
生涯獲得賞金は約2億7000万円。引退後、自身の性同一性
障害を書いた「スカートをはいた少年」を出版した。
164センチ、51キロ。血液型B。
2007/9/28 スポーツ報知

<模造刀所持>競艇の安藤大将・元選手を逮捕 奈良

 奈良県警生駒署は27日未明、正当な理由なく日本刀の
模造刀(刃渡り75.5センチ)を所持したとして、元競艇
選手で絵画販売業、安藤大将容疑者(44)=同県生駒市
東新町=を銃刀法違反容疑で現行犯逮捕した。安藤容疑者は
選手時代、心と体の性が一致しない性同一性障害(GID)を
克服、女子から男子選手に登録変更し活躍した。
 調べでは、同日午前0時50分ごろ、生駒市あすか野北の
路上に乗用車を止めていた安藤容疑者が、生駒署員の職務質問を
拒んだうえ、自分で運転して向かった同署内で職務質問を受けた。
署員が車内を調べたところ、助手席ドア付近から模造刀が
見つかった。
 同市俵口町では25日午後4時45分ごろ、新聞販売所前で、
従業員らにさやから刀のようなものを抜いて見せた後、車で
走り去った男が目撃された。車種やナンバーの一部が安藤容疑者
の車と一致しており、同署で関連を調べている。
 安藤容疑者は84年5月、「安藤千夏」の名前で女子選手と
してデビューした。02年3月にGIDを公表し、男子選手に
登録を変更。05年9月に引退した。【中村敦茂】
2007/9/27 毎日新聞

性同一性障害克服の元競艇選手、銃刀法違反で逮捕

 奈良県警生駒署は27日、乗用車内に模造刀を所持して
いた銃刀法違反(所持)の現行犯で、元競艇選手の絵画販売業、
安藤大将容疑者(44)=同県生駒市東新町=を逮捕した。
安藤容疑者は現役当時に性同一性障害を公表し、女子から男子に
選手登録を変更して注目を浴びた。

 調べでは、安藤容疑者は同日午前1時過ぎ、自身の乗用
車内で金属製の模造刀(長さ1メートル)を不法に所持していた
疑い。安藤容疑者は逮捕される約15分前に、同市あすか野北の
路上で生駒署員の職務質問を受けたが「本当に警察官かどうか
分からない」などと言って振り切り、自ら同署に出頭。同署で
車内を検索したところ、模造刀が見つかったという。

 調べに対し「買った模造刀を車内に置いていただけ」と話す
など、所持についての違法性を否認する趣旨の供述をしている
という。

 安藤容疑者は昭和59年、「安藤千夏」の名前で競艇の女子
選手としてデビュー。その後、性同一性障害との診断を受け、
平成14年に「安藤大将」と改名し、男性選手としてレースに
出場していたが、体調を崩し17年に引退。性同一性障害を
乗り越えた競艇選手として話題を集め、最近はテレビ出演や
講演会などを行っていた。
2007/9/27 産経新聞

元競艇の安藤大将容疑者逮捕=車内に模造刀所持
−奈良県警


 正当な理由なく模造刀を持っていたとして、奈良県警生駒署は
27日、生駒市東新町、元競艇選手安藤大将容疑者(44)を銃刀法
違反の現行犯で逮捕した。「知人に頼まれ、さやを換えてくれと
言われた」などと供述しているという。
 同容疑者は心と体の性が一致しない「性同一性障害」を公表し、
女子から男子として選手登録したことで知られる。
 調べによると、安藤容疑者の車が午前零時45分ごろ、市内の
三差路でエンジンをかけたまま止まっているのを同署員が発見。
同容疑者が署まで車で同行し、警察官が車内を調べたところ、
助手席とドアの間に模造刀1本(長さ約1メートル、刃渡り75.5
センチ)があった。
2007/9/27 時事通信

性障害で男子転向の元競艇選手、模造刀所持で
逮捕される


 奈良県警生駒署は27日未明、乗用車内に模造刀を積んでいた
生駒市東新町、元競艇選手安藤大将(ひろまさ)容疑者(44)
を銃刀法違反の現行犯で逮捕した

 パトロール中の県警生駒署員が、同日午前0時45分ごろ、
同市あすか野北の市道三差路に止まっている不審な乗用車を発見。
車内を調べたところ、助手席とドアの間に模造刀1本(長さ約1
メートル、刃渡り約75・5センチ)があり、運転していた安藤
容疑者が車に積んだことを認めた。

 安藤容疑者は、1984年に女子選手でデビュー。心と体の性
が一致しない「性同一性障害」を公表し、2002年から男子
選手として活躍、05年9月に引退した。調べに対し、「知人に
頼まれて買って車に置いていた」などと供述している。
2007/9/27 読売新聞
posted by てつ at 14:02| 富山 ☀ | TrackBack(0) | GIDニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。