2007年09月28日

香川レインボー映画祭、レインボーマーチ札幌

香川レインボー映画祭:「性の多様性」理解して あす、高松で/香川

 同性愛者や性同一性障害がある人など「セクシュアル・マイノリ
ティ」への偏見や誤解を解こうと、多様な性やライフスタイルの
在り方をテーマにした映画祭「香川レインボー映画祭」が23日、
高松市の高松シンボルタワー内「e−とぴあ・かがわ」で開かれる。

 同映画祭は今年で3回目。性の多様性への関心が高まる中、
誰にでも分かりやすい映画で理解を深めてもらおうと企画。

 上映されるのは、女性同士が恋愛を通して生き方を模索する姿を
描いた「LOVE MY LIFE」など、恋愛や結婚、家族関係
などを取り上げた3作品。今年の「東京国際レズビアン&ゲイ
映画祭」で取り上げられた自主制作の短編作品も公開するほか、
トークショーなどのイベントもある。

 香川レインボー映画祭実行委員長の藤田博美さん(36)は
「同性愛者であることをオープンにできず、悩んでいる人も多い。
当事者でない人も映画を通して同性愛者らの存在を身近に感じて
ほしい」と話している。前売り券は1作品1000円、通し券
2500円。当日券も販売される。問い合わせは同映画祭実行
委(090・1320・9050)。【南文枝】
2007/9/22 毎日新聞・香川

香川レインボー映画祭
http://www.kagawa-rff.org/


性的少数者:同性愛者など人権訴え行進
−−きょう札幌でレインボーマーチ /北海道


自分らしく暮らせる社会の実現を目指し、同性愛や性同一性障害
などの性的少数者(セクシュアルマイノリティー)の人権を訴える
パレード「第11回レインボーマーチ札幌」(実行委主催)が
16日午後1時、札幌市中央区である。

 パレードカーを先頭に大通公園の西6丁目広場を出発。多様性
を示す七色の風船やプラカードを持った約1000人が偏見や
興味本位による差別の解消を求め、約1時間半かけて駅前通などを
歩く。

 レインボーマーチは94年に東京で始まり、札幌では96年
から。今年はほかに東京、大阪、神戸、福岡の4カ所でも開催。
実行委員長の佐藤洋輔さん(23)は「沿道から罵声(ばせい)
を浴びたこともある。100%の賛同は得られなくても負けて
いられない」と話した。【内藤陽】
2007/9/16 毎日新聞・北海道

レインボーマーチ札幌
http://www.rainbowmarch.org/index.html
posted by てつ at 13:35| 富山 ☀ | TrackBack(0) | LGニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

“国内初”同性愛絵本発売!ゲイのペンギン家族が主人公

“国内初”同性愛絵本発売!ゲイのペンギン家族が主人公

 レズビアンを公表し昨夏の参院選で民主党の比例代表候補として話題を集めた前大阪府議、尾辻かな子氏(33)が、同性愛を題材にした児童向け絵本の翻訳を手掛け、16日に発売する。同性愛のペンギンを描いた「タンタンタンゴはパパふたり」(ポット出版)で、児童向けの絵本コーナーに並ぶ。“同性愛絵本”は国内初とみられ、話題を呼びそうだ。


 「−パパふたり」は、2005年に米国で出版された「and Tango makes three」の翻訳絵本。ラブラブのオスのペンギン2羽が卵によく似た石を何日も温めるので、見かねた飼育係が別に産み落とされた卵を巣に入れたところ、娘のタンゴが生まれて…という心温まるストーリーだ。

 ニューヨークのセントラルパーク内の動物園での実話をもとに描かれている。ペンギンは2羽で行動し同性ペアは珍しくなく、4年前の立教大の教授らの調査では日本国内の16施設の8種20組が確認されている。野生のペンギンについても同性ペアの存在が報告されているが、研究は進んでいないという。

 米国では図書館協会の「優れた児童書」に選定されるなど数々の賞を受賞。その一方でイリノイ州などでは06年、同性愛を嫌う一部の保護者が「教育によくない」として学校の図書館から絵本を撤廃するよう訴えるなど騒動になった。

 尾辻氏は騒動になった際、絵本の存在を知り購入。「いつか日本で紹介できれば」と思い、参院選落選後の昨秋、自ら企画を出版社に持ち込んだ。同氏の選対事務局長を務めた翻訳家で編集者の前田和男氏(61)とともに翻訳。初めての翻訳だったが「子供にもわかるように、原文の意味を伝えることを心がけた」という。

 同性愛絵本の日本での発売は「聞いたことがない」(ポット出版)といい、初めてとみられる。児童向け絵本コーナーに並ぶ予定で、米国同様一部の反発も懸念されるが、尾辻氏は「小さいうちにいろんな形があると知るのはいいこと。子供は偏見もなく柔軟ですし。子供に限らず広く読んでもらい、自然や家族の多様性を考えるきっかけにしてほしい」と期待を込めた。

写真=翻訳を手掛けた絵本を手にPRする尾辻かな子氏=東京・新宿2丁目
2008/4/14 産経新聞
posted by てつ at 14:48| 富山 ☁ | TrackBack(0) | LGニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

ハートをつなごう

NHK教育「ハートをつなごう」
http://www.nhk.or.jp/heart-net/hearttv/

ゲイ/レズビアン第2弾
9月29日(月)、30日(火) 午後8時〜8時29分
再放送 10月6日(月)、7日(火) 午後1時20分〜1時49分

(公式サイトより)
お待たせしました!
第1弾放送時には、300通を超える皆さまからの熱いメールを頂きました。
ありがとうございます。
今回は、メールを下さった方を訪ね、取材を敢行。
家族との関係、仕事の悩み、パートナーのこと…
より深く、より熱く語り合います!!

LGBT第1弾
10月1日(水)、2日(木) 午後8時〜8時29分
再放送 10月8日(水)、9日(木) 午後1時20分〜1時49分

(公式サイトより)
そして、多様な性について考えるこんな新テーマも登場!!
LGBTって何??→これを見れば全てが分かります。

L=レズビアン
G=ゲイ
B=バイセクシャル
T=トランスジェンダー
posted by てつ at 16:50| 富山 ☁ | TrackBack(0) | LGニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

米コネティカット州、同性婚を合法化

米コネティカット州、同性婚を合法化 州としては3番目



【10月11日 AFP】米コネティカット(Connecticut)州で10日、同性婚が合法化された。マサチューセッツ(Massachusetts)州、カリフォルニア(California)州に続いて3番目。

 同州の最高裁は「異性愛者に認められている権利をゲイやレズビアンに禁止することを州憲法は認めていない」とし、4対3の賛成多数で同性婚を認める判決を下した。(c)AFP
2008/10/11 AFPBBNews

米コネティカット州最高裁、同性婚を容認

[ハートフォード(米コネティカット州) 10日 ロイター] 米コネティカット州の最高裁判所は10日、同性愛者の婚姻を認める判決を下した。米国で同性カップルの婚姻が正式に認められたのは3州目となる。

 米国では2003年のマサチューセッツ州に続き、ことしはカリフォルニア州で同性婚が合法化された。

 同性婚に反対のコネティカット州のジョディ・レル知事(共和党)は「結婚とは男女の結びつきによるものだとの考えに変わりはない」と述べた。その上で「コネティカットの人々の大半の声を反映したものだとは思わない」と話し、今回の判決に不服ながらも立法上あるいは州法改正など判決を覆すことができなかったことで納得し、今後は判決結果を支持していくとの姿勢を示した。
2008/10/10 ロイター
posted by てつ at 02:15| 富山 ☁ | TrackBack(0) | LGニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

国民カミングアウトDAY(アメリカ)

国民カミングアウトDAY

アメリカで10月11日は「国民カミングアウトデー」で、「レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシャル(B)、トランスジェンダー(T)だって公言しちゃおうよ!」なる日。
米国以外でもスイスやカナダ、オランダ、ドイツでも同様にこの日を「表明日」としていて、英国は一日ずれて12日に設定されている。

何でこんな日が必要か? と言うと、一般大衆にLGBTという認識を広めるため、というのが目的らしい。同時に多数の場所でディスカッションなどを催し、世の中への理解を求めている。

シカゴでは、レインボー旗を車につけたお兄ちゃんたちや、ハーレーに乗った沢山のお姉ちゃんたちを見かけることになったが、同性愛の高校生や若者たちにとって、米国とはいえ、まだまだ厳しいものがあるのかもしれない。

というのは、シカゴLGBT公立高校が2010年に設立予定されている。
この学校の焦点は「イジメ」からの安全な避難場所を提供することで、同性愛者、両性愛者、トランスジェンダーに優しい高校というもの。
彼等のほとんどが落第や退学をしてしまうか、うつ症状に悩んでいるのが現状のようで、ストレートの高校生と比べると3倍もの自殺未遂経験者がいるらしく、それが改善されるという期待も支持者からはあるようだ。

実際、同様の学校がニューヨークやミルウォーキーにあるが、生徒たちはとてもイキイキしているように見える。LGBTということで毎日ハラスメントや身体暴力を含むプレッシャーに直面していた以前の学校とは違い、安全な場所で教育を受け、卒業証書を手にできる。彼等自身の人生とも向き合えるチャンスを与えてくれる場所でもあるという。

「隔離されるのはどうか?」というような反対意見もあるのは確かだ。
全ての子供たちがあらゆる学校で安全であるべきはず。イジメはいつの時代でも、同性愛者に限らず、どこの学校でもあるので、隔離せずに対処の仕方や、イジメ教育の方に力を入れてほしいという考えもある。

日本だとイジメのターゲットがはっきりしないので、専門の特別校なんて到底無理な話だと思うが、このカミングアウトデーの方はどうだろうか? 日本社会での受け入れ態勢はできているだろうか? (アメリカは州、市、地域によって学区があり、制度に違いもあると思うが、幼稚園年長〜高校までは公立学校は基本的に入学金や授業料などもなく無料[国民・住民の税金で賄っている]で通学できる)
(シカゴ/あらた)

写真=シカゴではためいていたレインボー旗

2008/10/15 ExciteBit
posted by てつ at 22:42| 富山 ☁ | TrackBack(0) | LGニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。